FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

新しい号が出ると、メールや電話など、あるいは読者プレゼントのハガキなどで、読者の反応が寄せられる。雑誌の反響というのは、経験上、専門誌の場合、そう多くはない。みなさん、忙しい方ばかりだし、思ったことはあってもわざわざ編集部に伝えるということは少ない。

しかし、時折直接電話をいただくことがある。お褒めの言葉もあれば、苦言を呈すということもある。いずれもありがたい。

今回は、やや高齢の、しかし現役で診療にあたっておられる先生から電話をいただいた。やはり整形外科医であるので、ACLについては思いいれが深いし、スポーツ整形外科がACLを中心に進んできたことから、今度は医師にACLに関して歴史的なことを踏まえて、聞いていくのが面白いのではないかというご意見だった。

ACL損傷に対する思いはやはりみなさん深い。そういうインタビュー連載もあるなと考えている。

今は別件の仕事に追われているが、そういう腰の座った仕事もしてみたい。

特集や連載に関してご希望があれば、右欄のメールフォームからいつでもお気軽にお寄せください。もちろんお電話でもけっこうです。よろしくお願いします。(清家輝文)。
スポンサーサイト