FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

下記総会・シンポジウムの案内をいただきましたので、掲載します。

■日本eスポーツ学会研究発表、総会及び・シンポジウム「eスポーツフォーラム」開催
会  期:2010年9月13日(月)~14日(火)
会  場:川崎市産業振興会館4階展示場
     神奈川県川崎市幸区堀川町66-20
主  催:日本eスポーツ学会
後  援:アディダスジャパン株式会社
      エレクトロニック・アーツ株式会社
      川崎市
プログラム:
  ○ 9月13日(月)「eスポーツフォーラム」
   13:00~14:00 基調講演 日本eスポーツ学会会長 馬場章
   14:30~15:30 企業セッション eスポーツによる産業振興
   16:00~16:30 アカデミックセッション 日本eスポーツ学会副会長 原田宗彦

  ○ 9月14日(火)「eスポーツ学会員による研究発表、及び総会」
   11:00~12:00 学会員による研究発表(1)
   13:00~15:00 学会員による研究発表(2)
   15:00~16:30 学会総会 ※学会員のみ参加可
   18:00~    懇親会

◎参 加 費:学会員 1,000円
    非会員 2,000円
    学 生 1,000円
    懇親会 一般5,000円、学生4,000円
    ※「eスポーツフォーラム」のみの参加は無料

◎参加申込:学会員による事前登録、及び当日登録。非会員も参加可。

学会HP
スポンサーサイト



下記セミナー案内をいただきましたので、掲載します。

■「フェルデンクライス・メソッド」 基礎編
【日時】 9月19日(日) 17:00 ~ 19:00
【場所】 ふじた鍼灸接骨院 ( 〒540-0035大阪市中央区釣鐘町1-4-6ベルトーンビル1階)
【内容】 フェルデンクライス・メソッドは、従来の運動器系を偏重した方法や手技ではなく、対象者自らが学習プロセスを認識し、自己の身体の変化に気づき効率の良い身体の使用法を日常化していく体性感覚へのアプローチです。今回は基礎編と題して、フェルデンクライス・メソッドを体験し、自身の身体に対する気づきを高めて、臨床に役立てていただきたいと思います。フェルデンクライス・メソッドの詳細についてはフェルデンクライス岡山のホームページをご参照ください。
【概要】物理学者モーシェ・フェルデンクライス(1904-1984)により開発されました。小さな動きを通して身体感覚を高めるメソッドでATM(動きを通しての気づき)とFI(機能統合:繊細なタッチや動かし方による)に大別され、身体の機能性を再調整していく手法として有効な手段になるものといえます。フェルデンクライス・メソッドに触れて、自身の身体に対する気づきを高めるとともに、臨床場面におけるタッチの感覚を向上させます。また、対象者のわずかな動きを感じとる能力も身につきます。動きのつながりや、効率的で無駄のない動きに導く手がかりを発見でき、日常の臨床場面に即活用できると思います。

【定員】 10名
【参加費】 2500円 
【対象】 興味がある方であれば、資格は問いません。
【講師】 森近貴幸 (理学療法士、フェルデンクライス・メソッド®ATMティーチャー)
【問い合わせ・申し込み】  メール: fujita.a.j.p@orion.ocn.ne.jp
                   ふじた鍼灸接骨院
①氏名 ②所属 ③資格 ④連絡先 を明記してください。
【主催】 ふじた鍼灸接骨院
【後援】 PhysioStyle (フェルデンクライス岡山)

◎なお、同日、10時から16時まで、「ふじたHOT(ハンズ・オン・テクニック:徒手技術セミナー上部頸椎編」も開催されます。定員10名前後で、受講料は7,500円、講師は上記同様です。詳細・問い合わせは上記ホームページ参照。