FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


123号の「最先端ACLリハ」好調です。「これだけ読むのはたいへん」という声も聞かれますが、「ここまでまとまったものはなかったでしょう」という声も聞かれます。

3人の先生の熱意が伝わる内容かと思います。

124号は、ちょっとカラーが違うのですが、広く興味を持って読んでいただける内容になるはずです。

ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト



下記、セミナーの案内をいただきましたので、掲載します。

■第16回 スポーツ栄養セミナー
日 時:平成22年11月23日(火・祝日) 13:00~
場 所:東京農業大学1号館4F メディアホール(東京都世田谷区桜丘1-1-1)
参加費:セミナー 1000円  懇親会費2000円
(セミナー、懇親会共に予約不要です。 直接会場へお越しください。)

●プログラム
13:15~14:30 基調講演:「こどものからだと心の現状」
          埼玉大学教育学部 野井 真吾 先生
14:40~16:25 シンポジウム テーマ:「子どもたちのスポーツ環境と食事」
「スポーツ活動をする子どもの保護者として考える」・・・・親の立場から
「地域スポーツクラブにおける栄養サポートを考える」・・・栄養士の立場から
「ジュニアアスリートの栄養サポートの現状(仮題)」・・・専門家の立場から
16:25~17:00 ディスカッション
17:10~19:00 懇親会 場所:東京農業大世田谷キャンパス内レストラン「すずしろ」

◎問い合わせ先 東京農業大学栄養科学科保健栄養学研究室内セミナー事務局(担当:吉崎)
TEL&FAX: 03-5477-2453  E-mail:sna@nodai.ac.jp
次号124号では、6月26日開催された「東京スポーツ整形外科研修会 第3回スポーツリハビリテーションワークショップ」の内容をそれぞれの演者の先生にまとめていただいた原稿を掲載します。

たいへん興味深い内容です。お楽しみに!

ちょっと今回記事が多くて、大沢先生の対談は125号になるかもしれません。(清家輝文)
■9月10日(金)~12日(日)、新横浜プリンスホテルにて

『第36回日本整形外科スポーツ医学会学術集会』
 『第10回日韓整形外科スポーツ医学会』(併催)
が開催されます。

会長/別府諸兄・聖マリアンナ医科大学整形外科学講座 代表教

テーマ/「我が国の整形外科スポーツ医学のグローバル化を目指して」

■また、9月11日(土)には、

『第22回日本整形外科超音波研究会』も、新横浜プリンスホテルにて開催されます。

会長/中島浩志・聖マリアンナ医科大学整形外科学講座 講師

テーマ/「スポーツ現場における超音波の有用性」

時間/午前9時40分~午後5時35分

いずれも内容の詳細は、日本整形外科スポーツ医学会のHPを参照下さい。


運営事務局/株式会社コングレ
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 
TEL: 03-5216-5318
FAX: 03-5216-5552
E-mail: jossu2010@congre.co.jp