FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

野球共育塾より、投球障害セミナーin仙台の開催のご案内が届きましたので、紹介します。


投球障害セミナーin仙台

 野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えて集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる「プロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」を使命に、ここで得た知識や人脈を活動に活かして、地域で活動して頂くことが目的です。

 今回のセミナーは「投球障害からの競技復帰ー満足する投球のためのアプローチ」をテーマに講義と討論を行います。

 1つめの講義は菅谷啓之先生に「投球障害治療のコンセプト」のタイトルで、身体機能のみかた(特に肩甲胸郭)と運動療法の実際についてお話頂きます。また、運動療法では満足する投球が困難は病態とは何か、投球障害肩の真の手術手術適応について整理してもらいます。

 2つめの講義は宮下浩二先生に「投球動作からみた投球障害」をタイトルに、投球で重要な役割を担う股関節と胸郭の機能を中心にお話し頂きます。討論では野球選手への対応経験豊富なお二人の先生と共に投球障害の競技復帰について方向性を見出すことができればと考えています。

 また、この塾のミッションである「現場と医療のネットワークづくり」のために、参加者が交流できるようにグループ討議も行う予定です。この時に東北地区の高校・大学の全国大会出場経験のある指導者より、「体調管理(医療との連携)」について、メッセージビデオを放映する予定です。野球選手の対応に役立つ実践的な内容にしますので、参加下さいますよう案内申し上げます。
(能勢康史:野球共育塾代表)

日時/2010年10月10日(日) 受付開始9:00より、講習開始9:30

会場/東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 602中会議室(定員100名) 
   (仙台市青葉区国分町3-3-7 Tel:022-225-8641 地下鉄勾当台公園駅徒歩5分)

主催/スポーツサポート機構野球共育塾

テーマ/投球障害からの競技復帰ー満足する投球のために必要なこと

内容/

09:00    受付開始

09:30~10:40 菅谷啓之:投球障害治療のコンセプトー運動療法の可能性と限界

10:50~12:00 宮下浩二:投球動作からみかた投球障害ー股関節・体幹(胸郭)に着目して

12:00~12:40  昼食

12:40~14:00 グループ討議+全体討論「現場と医療のよりよいネットワークを目指して」

      テーマ①「投球障害からの競技復帰-満足する投球のために必要なこと」

    ②「現場と医療の関係の在り方-現場は医療に何を期待しているか」


講師/菅谷啓之(船橋整形外科・整形外科医、プロ野球選手への肩の手術も行う)

宮下浩二(中部大学生命健康科学部・理学療法士、プロ・社会人での活動経験あり)

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会員3,000円、一般5,000円、学生も同額です。当日受付は+1000円

申し込み方法/ウェブサイトよりお申込み下さい。申し込み確認後に振込口座をお知らせします。当日参加も可能ですが、参加費が1,000円高くなることを予めご了承下さい。

会員登録/今回のセミナーを機に会員になられる方は、事前に会員登録を頂くと参加費が会員価格になります。入会希望の方はウェブサイトをご覧下さい。       

申し込み締め切り/10月7日(木)、午後11時までにお申し込み下さい。
スポンサーサイト