FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

FTEX Instituteの第13回全体研修会(大阪)の懇親会。この公式ブログのコラム執筆者のひとり、吉村先生が司会。和服をお召しになり、途中で、詩吟を披露(写真、ご本人の許可を得て掲載)。
DVC00145.jpg


お髭と和服で詩吟。

う~ん。「和」というか、日本ですね。

私自身は、こういう日本のよさを再確認する作業の必要性を痛感しています。

2011年度から、小学校の武道が必修になるとか。よいことだと思います。

自分が生まれた国の文化を大事にすることは、どの国の人にとっても自然であり、また大切なことと思います。

124号、いまバタバタ状況。あと2日です。頑張らないと。(清家輝文)
スポンサーサイト




こんにちは!先日11日に新横浜プリンスホテルで行われた
日本整形外科スポーツ医学会に、清家さんと行ってきました。

全国からたくさんの医者の方が来られていました!

まず超音波の会場に行き、超音波でのさまざまな治療法のお話を
聞いてきました。内容は専門的なことばかりで難しかったですが
どの先生も色んな治療の工夫をされていて素晴らしかったです!

会場には本の売店もありました。たくさんの医学の本があった中で
スポーツメディスンもちゃんと売られていました。
スポーツメディスンを立ち読みされている方が多くいて
なんだか嬉しく感じました\(^O^)/

きっとこのような医学会に行く機会は本当に最初で最後だったと
思います。良い貴重な体験になったと思います。


そして昨日は、実習もお休みだったので六大学野球を観にいきました!

早稲田大学 対 法政大学の試合です。
私はどちらの大学も応援していたのですが早稲田大学側で観ました。笑
六大学野球はどの学校も応援に気合が入っていて楽しいです♪

法政大学にはレギュラーで私と同い年の河合完治君という選手がいます。
夏の甲子園で中京大中京が優勝した時の三塁手です。
昨日の試合でも出場していて、まだ1年生なのに凄いなあと驚かされます!
これからの河合君の活躍に期待したいです。

結果は4対1で早稲田大学の勝ちでした!

大学野球、皆さんも是非観に行ってみて下さい(‥)/☆ミ
では今日も頑張ります。長岡でした。