FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本日、印刷所からの黒焼きと言われる最終校正も終わり、これですべての作業が終了となり、いよいよ印刷→納品となります。

退院してから、まったなしの編集作業でしたが、入院中からちょっとずつ作業を始めていたので、入院ボケもなく仕事復帰できたような気がします。

今回の入院にはiPad持参で行きましたが、入力作業など全然問題なくできますし、電子書籍で読ば、本をたくさん病院まで持参しなくてもよかったので、とっても便利でした。

最近は自宅の書籍を電子化することを「ジスイ」と言うらしいですね。
自分でデータを吸い上げるということからのネット用語のようですが、家電量販店では、本の裁断機やスキャナーが売れているとか……。

ちなみに私は携帯もiPhone3GSを使用していますが、意外と盲点だったのは、フリーズして再起動をかけたときに、「iTunesに接続しろ」という同期のイラストが出たままで、まったく起動しなくなったこと。

入院中はiPadはあっても、携帯と同期させていたデスクトップPCは会社なわけで、完全に携帯が使用できない状態になり、とっても連絡が取れないという不便な状況に……。

しばらくはiPadのメールで仕事のやりとりやら、連絡をしてましたが、携帯が使えないというのは、いかに不便かということを思い知りました。

結局、携帯が使えないままでは、効率が悪いということで、会社の人がお見舞いに来てくれたときに、ノートPCを持ってきてもらって、初期化からやり直し。アプリはダウンロードできるので、なんとか同じものが使えるわけですが、連絡先とか、いろいろなものが同期できず、まぁ、携帯が使えるだけいいかという感じで、なんとか乗り切ったわけです。

もしかしたら、なにかもっとよい方法があったのかもしれませんが、結構、なにかトラブルがあったときにiTunesが使える状態にないと携帯電話もろとも使用不可という状況があるということを学びました。

使っていくと、いろいろなことを経験するものですね。

iPhoneユーザーの方々、そんなこともありますので、ご注意を!

(編集部 田口)
スポンサーサイト