FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
AMS.ProおよびAthlete societasからのお知らせ



昨日、125号の特集で中部大学の宮下浩二先生のところを訪れました。投球および投球障害についての研究の変遷と最近の知見をうかがってきました。

宮下先生の論文は、American Juornal of Sports Medicineに掲載され、また日本整形外科スポーツ医学会雑誌の論文は2009年の最優秀論文賞を受賞されました。

長いインタビューだったのですが、かつて中日ドラゴンズに3年間、ずっと帯同、その経験が大きく生かされているように思いました。現場で肌でプロの世界に接し、現場で言われていること、実践されていることを科学的に説明していく、そんな方針に共感しました。

宮下先生とは旧知のなかですが、改めてインタビューすると、「そうだったんですか」という話がたくさん出てきます。知っているようで人は人を知らないものです。

そういう面も含め、今度の特集をまとめていく予定です。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト