FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第3回神楽坂スポーツ医学セミナー

本セミナーはスポーツ医学、健康医学に興味を持ち、日々の診療や現場指導の最前線で活躍している医師及び看護師、理学療法士、トレーナー、指導者の皆様を対象とします。

医療やスポーツ現場での実際に即した実技と座学から成る講習会で、テーマを絞って掘り下げた内容となっています。第3回目は伊藤恵康先生(慶友整形外科病院院長)をゲスト講師にお迎えし、「野球における肘内側部の外傷・障害」をテーマに勉強したいと思います。

肘の内側傷害は野球肘の中で最もポピュラーですが、その病態は十分に解明されているとはいえません。そして診断や治療も経験的に行われているのが実状です。肘の内側部の外傷・障害を「内側支持機構」という視点で捉えて、解剖、病態そして診断、治療について体系的に解説いたします。

セミナーは二部構成で初日がハンズオンを中心とした実技です。
(1)肘の理学所見の取り方とエコー検査
(2)投球動作の見方
 の2つのコースがあり、参加者は2つのグループに分かれてそれぞれのコースを体験していただきます。

ハンズオンは講師が変わりますので、ご希望によっては2回続けて同じハンズオンに参加して頂いてもかまいません。2日目は講義、症例検討、パネルディスカッションと多彩な内容の座学になります。

日時/平成22年12月11日(土)14:00~19:00
    平成22年12月12日(日)9:50~17:00

会場/11日:東京厚生年金病院 会議室・リハビリ室(JR飯田橋駅 徒歩5分、新宿区津久戸町5-1 )
    12日:日中友好会館 大会議室(JR飯田橋駅 徒歩7分、文京区後楽1-5-3)

内容/■12月11日(土)
講義1「投球動作への介入」~活かす指導と潰す指導~
講師 能勢康史(プロサーブ コンディショニングコーチ)

講義2(日本整形外科教育研修単位)「運動連鎖からみた投球動作指導」~下半身機能の視点から~
講師:宮下浩二(中部大学生命健康学部理学療法学科)

講義3(日本整形外科教育研修単位)「肘関節の診方、見え方 診察のポイントと画像検査の選択」
講師:松浦哲也(徳島大学病院整形外科)・石崎一穂(東京厚生年金病院中央検査部)

ハンズオン1「肘の診察とエコー検査の実際」
ハンズオン2「投球動作の見方と介入」

■12月12日(日)
講義4(日本整形外科教育研修単位)「肘内側支持機構という視点から」
講師:柏口新二(東京厚生年金病院整形外科)

講義5(日本整形外科教育研修単位)「野球による肘内側の障害」
講師:伊藤恵康(慶友整形外科病院)

ランチョンカンファレンス「離断性骨軟骨炎 あなたの治療選択は?」
進行:柏口・松浦

パネルディスカッション「肘内側の外傷・障害への対応」
進行:柏口・能勢 
パネリスト:伊藤恵康・松浦哲也・高松 晃

講義6(日本整形外科教育研修単位)「内側部障害との関連~滑車、滑車切痕の外傷、傷害~」
講師:岩瀬毅信(国立病院機構徳島病院整形外科)・鈴江直人(徳島大学病院整形外科)

総合質疑

定 員/12月11日:80名、12月12日:150名

参加費(テキスト代含む)/一 般 :1日10,000円(両日20,000円 12月12日昼食付)学 生 :1日 8,000円 (両日16,000円 12月12日昼食付)
※日本整形外科教育研修単位(5単位)を準備 手続料1,000円/1単位(当日に別途申し受けます)

申し込み方法/(1) WEBサイトの参加お申し込みフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。(メールアドレスはPCメールアドレスをご記入ください。)
(2) お申し込み確認メールを記入されたPCメールアドレスに送信させていただきます。(24時間以内に返信されなかった場合、お電話でお問い合わせください。)
(3) 返信メールに参加費振込先が記載されていますので期日までにお支払い下さい。
(4) 申し込み通知の返信メールが当日の参加票になりますのでプリントアウトいただき、セミナー当日にご持参下さい。
(5) 定員になり次第締め切らせていただきます。
(6) 会場には駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用ください。

問い合わせ/神楽坂スポーツ医学セミナー事務局(アスリード株式会社内)
東京都町田市中町1-12-16-2F
TEL.042-711-6872
FAX.03-5204-9721
スポンサーサイト



日  程:2011年2月5日(土)~6日(日)
主  催:日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG
共  催:一般社団法人日本車いすシーティング協会
(予定)
協  賛:社団法人日本福祉用具供給協会  日本福祉用具・生活支援用具協会
(予定) 財団法人テクノエイド協会
社団法人日本理学療法士協会  社団法人日本作業療法士協会
※社団法人日本理学療法士協会「生涯学習基礎プログラム」単位認定研究会(予定)
※社団法人日本作業療法士協会「生涯教育制度」基礎ポイント対象研修会(予定)

会  場:京都リサーチパーク
〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 TEL.075-322-7800
http://www.krp.co.jp/

内  容:
1日目:「車いすの基礎」
①生活と車いす
②身体寸法計測と車いす寸法
③車いす基本機能と構造との関係
④車いすクッションの基礎と選択
⑤電動車いすの種類と活用のすすめ

2日目:「車いす適合の考え方と工夫」
①高齢者・片まひ者の車いす適合の考え方と工夫
②アクティブ・バランス・シーティングの考え方

定  員:150名(先着順とさせていただきます)
参加費:12,000円・14,000円・16,000円・20,000円
(加盟団体等により異なり、テキスト代金を含みます)
申込締切:2010年12月28日(火)(定員になり次第受付を終了させていただきます)
申込方法:講習会情報詳細は11月中旬頃、下記ホームページ(赤い文字)に掲載および受付開始予定です。申込書をプリントアウトの上FAXにてお申し込みください。なお参加費は事前振込制とさせていただいております。申込書受理後参加費請求書をお送りいたします。

車いすSIG講習会事務局
〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1770
横浜市総合リハビリテーションセンター
地域リハビリテーション部研究開発課内  担当 深野栄子
TEL.045-473-0666  FAX.045-473-0836