FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


IMGP3442.jpg

写真はケニアの「カプサイトキャンプ」の「トレーニングルール」。週あたり210-250km、1日二度のトレーニング、ロングディスタンス、ファルトレク、インターバルトレーニング、とあり、6番目がSunday is not holiday!これは「日曜だからといって、完全にオフにするな」という意味だそうです。最後の7番目が、Eat well, Sleep well.(十分食べて、十分眠れ)。そしてNo Alcohol.(アルコール禁止)

1日二度の練習とはいえ、朝2時間程度、あとは夕方50分程度のジョグだそうです。その間は寝ている(十分寝るということで、よい休養になり、故障が少ないことにもつながっているようです)。また「十分食べて」といっても、1日3000kcal程度、でも甘いお茶をたくさん飲むとのこと。

「走るための生活」ですね。いくつかの「キャンプ」があり、それぞれ指導者がいて、みな練習の方針が異なり、選手を目指す人は自分にあった指導者を選ぶそうです。指導者は、どんな人でも「やめろ」とは言わない。

このカプサイトキャンプにマラソン、2時間6分台が5人もいるそうです。しかもどんどん若い人材が出てくる。恐るべしケニアですね。(清家輝文)
スポンサーサイト