FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


IMGP3917.jpg

写真は、大後茂雄さんから借りて許可を得て掲載のケニアのマラソンランナーの食事例。おいしそうですね。こういう料理が好きな人もいるのではないでしょうか。前に書いたように、1日3000kcalだそうです。日本のマラソンランナーはもっと摂取していますね。

以前、韓国のキョンヒ大学に行ったことがあります。スポーツではトップクラスの大学ですが、学生寮の食堂で食事をとりました。大きなお皿にご飯ののせ、あとはバイキング形式でおかずをのせていきます。何度も食べましたが、揚げ物類がまったくなく、キムチとワカメなどの味噌汁はかならずついていました。お代わりは自由。一緒に行った神奈川大学の大後栄治さんも感心していました。

大後栄治さんは茂雄さんの兄にあたります。お父さんが巨人ファンだったので、栄治と茂雄になったとか。

今日は土曜日、3連休の最初なので、軽いネタにしてみました。当編集部は休みなしです。(清家輝文)
スポンサーサイト