FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

125号の特集「投球動作と投球障害の研究」(まだ変えるかも)について、ようやく本文が出来上がってきました。
宮下先生のチェックを経て、編集部でさらに整理、もう一度宮下先生にみていただき、あとは大量の図や写真と組み合わせ、完成です。

来週月曜入稿します。野球関係者の方、またバイオメカニクス研究者、コーチ、トレーナー、そして野球選手の人にも面白く読んでいただける内容です。

あと少し。頑張ります。(清家輝文)
スポンサーサイト



Team-T Presents より、セミナーのご案内が届きましたので、ご紹介します。

Team-T Presents
レクチャーアバウト スポーツメディスン

  
スポーツ現場・医療現場でプレーヤー・患者さまに対して熱い思いをお持ちの方にお集まり頂いて、永年スポーツ現場で培ったノウハウを弊社CEO今柳田剛生がわかりやすくお届けするセミナーです。
より理解を深めて頂くために、骨学をもう一度押さえておいて下さい。

日時/11月27日(日)、17時受付/17時30分開始 
 
会場/森ノ宮医療学園専門学校(大阪市東成区中本4-1-8)

テーマ/頚Ⅱ 頚椎の傷害予防

講師/今柳田 剛生(Sports Medicine Team-Takao ㈱CEO,
        アサヒ飲料クラブチャレンジャーズSupervisor,大阪教育大学非常勤講師)

受講料/2,000円(税込)、森ノ宮医療学園専門学校在学生1,000円(税込)

対象/柔道整復師、鍼灸師、PT、スポーツトレーナー及び目指されている方

条件/スポーツ現場・医療現場でプレーヤー・患者さまに対して熱い思いをお持ちの方。

お申し込みおよび詳細は弊社HPをご覧下さい。

問い合わせ/Sports Medicine Team-Takao株式会社
TEL:06-6904-0052
info52@team-t.jp