FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今、125号の校正と特集の編集中。特集の本文はほぼ完成。宮下先生から図が送られてくるのを待っている状況です。できるだけたくさんの図を入れます。中カラー2ページも使い、カラーの図も入れる予定です。

宮下先生の投球動作・投球障害の研究成果がまとまったもので、随所に宮下先生の経験と思考がうかがえます。

やはり中日ドラゴンズの一軍に3年間ずっとついていたという経験は大きな財産になっているようです。ドラゴンズの投手に教えてもらったことが研究に現れているという感じです。現場で行われていることを研究として出し、多くの人に伝え、投球障害が少しでも減り、投球パフォーマンスが上がればという思いで進めてこられた研究。

名古屋・阿久比にあるスポーツ医・科学研究所、中日ドラゴンズ、広島大学、そして現在は中部大学というご経歴で、研究のみならず中部大学硬式野球部でも指導に関わり、トヨタのラグビー部での経験もあり、研究・教育・指導・実践と幅広い活動をされています。

間もなく完成の予定です。お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト



「第87回 箱根駅伝シンポジウム in恵比寿」の聴講者を募集しています。ご興味のある方は是非、応募してください。

第87回 箱根駅伝シンポジウム in恵比寿

テーマ/勝つためのコンディショニング

 長年、トップアスリートとして活躍する選手は、どのような方法で体調を管理し、結果を残してきたのでしょうか。具体的なトレーニング方法や栄養管理について、アスリートに自らの経験を語ってもらうとともに、専門家に競技別、目的別の理想的なコンディショニングの方法を解説してもらいます。
 箱根駅伝を目指す指導者、選手たちだけでなく、趣味でマラソンを走る一般の人にも参考にして頂ける内容になっております。ぜひ奮ってご応募ください!

日時/11月13日(土)、午後3時~

場所/東京・恵比寿ガーデンプレイス「ザ・ガーデンホール」

ゲスト/
山内 武氏(大阪学院大学教授)
田中雅美氏(スポーツコメンテーター/元女子競泳平泳ぎ日本代表)
花田勝彦氏(上武大学駅伝部監督/アトランタ五輪1万m、シドニー五輪5000m・1万m代表)
こばたてるみ氏(株式会社しょくスポーツ代表取締役/スポーツ栄養士)
大後栄治氏(関東学連駅伝対策委員長/神奈川大学陸上競技部監督)

応募方法/
・10月22日(金)必着で、インターネットまたはハガキでお申し込みください。

・ハガキの場合は、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号を記入のうえ、
〒104-8325(住所不要) 読売新聞東京本社スポーツ事業部内
「箱根駅伝シンポジウム」係 まで

・300組600人をご招待します。

・応募者多数の場合は抽選となります。当選者の発表は参加票の発送をもってかえさせていただきます。

・ 出演者、内容は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

・ 取得しました個人情報は、参加票の発送、および翌年箱根駅伝関連イベント案内をお知らせすること以外には使用いたしません。

・ 参加は無料です。

当日、来場者には卓上カレンダーをプレゼントします。皆さんのご参加をお待ちしています。