FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

125号、本日発売です。

上の欄から入ると、特集の一部を閲覧することができます。貴重な図やグラフがたくさん収められていますので、ぜひお手元に置いていただきたい号です。

次号の特集は、今週木曜日に取材が決定。詳細はもう少ししたら、お知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト



野球共育塾より、セミナーのお知らせが届きましたので、ご紹介します。


SSO北東北野球共育塾in北上

 野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えて集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる幅広い視野を持った「真のプロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」を使命に、ここで得た知識や人脈を活動に活かして、地域で活動して頂くことが目的です。今回は選手育成に重要な準備期となる冬を前に「チームづくりと選手育成」をテーマに、成果を上げるための根となる哲学と練習法の実際について整理します。また、野球動作の基本やパフォーマンス向上と障害予防に生かすために必要なメディカルチェックの内容とエクササイズについてもお示しします。野球選手の活動環境向上には現場と医療の方々の継続した出会いが必要です。現場と医療それぞれの方々のご参加をお待ちしております。(野球共育塾代表:能勢康史)

主催/スポーツサポート機構「野球共育塾」

日時/2010年11月28日(土)、受付12:45、勉強会開始13:00~18:00(懇親会18:30~)

会場/北上市勤労者福祉施設 サンレック北上(研修室&講習室)※無料駐車場あり
   〒024-0012 岩手県北上市常盤台二丁目1番33号 TEL/FAX:0197-64-5500
   (JR東北線「北上」駅より車で10分、JR北上線「柳原」駅より徒歩10分)

テーマ/チームづくりと選手育成――成果を上げるための根と練習法

内容/

13:00~14:20 金沢成奉:「勝つチームづくりと選手育成――基本練習の必要性と実際」

14:30~15:50 能勢康史:野球動作のみかたとトレーニング――身体機能評価とエクササイズ

16:00~18:00 ディスカッション

      ①選手育成の根――東北の冬の練習のあり方と準備期の課題

      ②野球動作の基本――動作の着眼点と基本を身につける練習法

      ③動作に生かすトレーニングーパフォーマンス向上に必要な身体機能

講師/金沢成奉(光星学院高校野球部総監督、同校監督として甲子園春夏合わせて8回出場)
    能勢康史((有)プロサーブ代表、4つの医療機関で野球選手に対応、チームにも関わる)

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい。学生も同額です。
   会員:2,000円、非会員:3,000円

申し込み方法/下記の事務局まで、メールにて「野球共育塾北上参加希望」とし、①氏名、②所属(チーム・学校名など)、③立場(監督、医師など)、④連絡先電話番号、⑤メールアドレス、⑥懇親会への参加の有無を記入の上送信下さい。当日参加も可能ですが、事前に連絡頂けると幸いです。

申し込み締切/11月24日(水)、午後11時までにお申し込み下さい。

事務局/大木秀一(岩手県立黒沢尻北高等学校)
     E-mail:ohki@ksn-h.iwate-ed.jp

野球共育塾の詳細についてはウェイブサイトをご覧下さい。