FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本気にさせる

前回のブログ更新からかなり日が経過してしまいました・・・。

大変申し訳ありません。

お陰さまで時代祭も無事?に終わりました。着物の丈がかなり短かったので、沿道のおばちゃんに多くのご指摘を頂きました。来年される方はその辺りを配慮していただきたいと思います。


さて只今ラグビーシーズン真只中ですね!!

とは言っても、私が指導する母校のチームは全国大会京都予選準々決勝で敗退してしまいました。結果はベスト8、去年より落としてしまいました。

今年のチームはいろいろと内部的な問題があり、一度はチーム崩壊状態寸前までいきましたが、最後は3年生中心によくまとまっていいチームになりました。

負けたいい訳はたくさんありますが、根本的な所から立て直していかないと母校の花園出場はまだまだ遠いと感じています。

「泣き虫先生」という通称で著名な先生の治療をさせていただいているのですが、その際にいろいろとお話をしていただきます。

「チーム力とは指導者の人としての魅力のことなんだ。

やるのは選手なんだから彼らを本気にさせるか否かが一番大切なことなんだ。

練習なんて単純なことの繰り返し。その単純なことを愚直に真剣に取り組み続けることができるか、またそれをさせることができるか。そこに本当の強さの秘訣がある。」


この深い言葉に心から納得いたしました・・・。

人を本気にさせることは、自分が本気にならないと無理だと思います。

伏見や成章といった強豪校に勝って花園に行きたいのであれば、まず自分の本気度が伏見や成章の監督以上にないと勝てるわけがないのである。

私自身多くの反省を持ちながら、またいろんな方から多くのものを吸収しながら、一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。

ReCo代表 吉村直心


スポンサーサイト