FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今、明日入稿に向けて126号の校正段階。

Main Topicでは、第2回アスレティックトレーナーズミーティングの内容を紹介します。寄稿が2本あるほか、盛りだくさんな内容です。

特集の「皮膚と運動」では、『皮膚運動学』の編者である福井勉先生に「皮膚と運動への着目」と題し、皮膚へのアプローチで変化する運動について、その着目の段階から語っていただきます。また山口耕平先生には、おもに症例紹介として、同書には記されていないものを中心に(一部は重複)解説していただきます。

126号もおもしろいですよ。ぜひ、お求め下さい。(清家輝文)
スポンサーサイト