FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■コアスタビライゼーションによる腰痛緩和・予防法 with コアヌードル

【講師】稲葉晃子・NATA公認アスレティックトレーナー
【日時】2011年1月23日(日)11:30受付 12:00-16:00講座
【定員】20名
【会場】東京都江東区塩浜2-25-14 相互印刷工業株式会社
【参加費】8,000円(コアヌードル1セット付き)
【推薦】大久保 衞・びわこ成蹊スポーツ大学副学長、ダイナミックスポーツ医学研究所所長
【協賛】(株)カミツレ研究所、(株)元気学校

「コアヌードルを用いた腰痛講座」の集大成。シンプルなだけに運動プログラムの組み立てが無限大なコアヌードルを自分の体で覚え、基本を習得したうえで、自分独自のプログラム作成へと広げていただきたい。
*コアヌードルは、講師が考案したオリジナルトレーニング機器で、数々の臨床試験を経て考案されたもので、背骨を支えるコアの筋肉への刺激を効率よく与えられる特性から、運動選手の強化やリハビリテーション、腰痛・肩こり、高齢者の歩行強化まで幅広い分野で取り入れられ実績をあげている。

◎申込方法
メールかファックスで、下記の内容を送信。

Core Stabilization 1月23日(日)申込書

氏名(カタカナでふりがな):

住所:

電話番号・ファックス番号:

E-mail:

職業:

コメント:

受講料は当日支払(釣り銭の要らないように願います)。シメキリは1月15日ですが、定員になりしだい締めきり。当日は、運動しやすい服装とヨガマットか大きめのタオル持参。

申込ファックス番号  078-881-2377
E-mail corenoodle@gmail.com
スポンサーサイト