FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

127号、明日入稿です。

今回の特集は「骨と軟骨」がテーマ。東京大学の「骨博士」、鄭雄一先生に、骨・軟骨に関する詳細なお話をうかがい、川西誠先生に骨折治療について解説していただきます。

頭蓋骨と鎖骨は外胚葉、その他は中胚葉由来。もともと顔の骨はからだ全体をおおっていた殻のようなもので、頭はそれが残ったものだとか。同じ骨でも由来が違うんですね。

川西先生のお話で、幼稚園児にも疲労骨折があるのだとか。べつにスポーツをしているわけではないのですが、幼稚園での過度な運動指導からきたものとか。そういう幼稚園もあるのだそうです。ちょっと信じられないくらいの話ですが、現実です。

そのほかにも骨折治療に関して、スポーツ現場で知っておくべきことがたくさん指摘されています。

明日入稿なので、今バタバタですが、なんとか間に合わせましょう。(清家輝文)

スポンサーサイト