FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■キャリア・トランジション勉強会@六本木ミッドタウン第2回
開催日:平成23年2月8日(火)
時間:19:00〜21:00( 受付開始 18:45 )
会場:d-labo dream laboratory by SURUGA bank
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー7F、Tel:03-5411-2363

内容を簡単に:
2004年から続いているアスリートのキャリアを通して様々な気付きを促す勉強会。
現役中に何を考えると完全燃焼ができるか、
引退時には何を考えると次のキャリアを見つけられるか、
引退後はどんな心理問題を抱えるか、など、
ソウル五輪シンクロデュエット銅メダリストで
現在はメンタルトレーナーの田中ウルヴェ 京と
元JリーガーでJリーグ勤務の重野弘三郎が共同主宰し、
毎回様々なゲストを呼んで参加者とともに考えていく勉強会です。

詳細はこのサイト参照。

ゲスト:八木沼純子
講師:田中ウルヴェ京、重野 弘三郎
受講料:無料
要予約(定員になり次第受付を終了させていただきます)

◎申し込み先(問い合わせ先)
d-labo dream laboratory by SURUGA bank
Tel:03-5411-2363

【申込先用メールアドレス】:d-labo@surugabank.co.jp
E-MAILには以下の内容と、件名には「キャリアトランジション勉強会参加希望」を必ず記入してください。
(お名前・人数・電話番号・E-MAILアドレス)





スポンサーサイト