FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

Technica Gavilan
~Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization Technique~


Gavilan(ガヴィラン)というのはLang氏が考案開発した、Soft Tissue Mobilizationの器具です。
*詳しくはこちら

Gavilanはメディカルグレードのステンレス製でそれぞれ特殊な形をした3種類の器具を用いた筋膜リリースです。有名なところでいうと、Graston Techniqueというテクニックがあります。Lang氏はスペイン語が堪能で、自らのGraston使用経験から、Grastonと同質(かそれ以上)のサービスを、メキシコをはじめアメリカ以外の国で安価に提供するためにGavilanを考案開発しました。(ちなみにGrastonはその道具、ワークショップ等に参加するのに何千ドルとかかります。)

アメリカのFoothill Collegeで20年余りヘッドアスレティックトレーナーを勤めた後、現在は同カレッジで教鞭を振るう傍ら、PTクリニックで一般患者やアスリートのケアもされているGary Lang氏が、来日に伴い日本の多くの人にこのテクニック、道具を知ってもらいたいということで、無料での開催を企画しました。
トレーナーの仲間を誘って、クリスマスに集いましょう。

講師/ Gary Lang, MS, ATC
M.O.R.E. Physical Therapy- Athletic Trainer/Therapist
Foothill College- Faculty
U.S. Track and Field- Co-Head Athletic Trainer

日時/12月25日(土)、12時~18時

場所/神奈川大学 横浜キャンパス 健康科学スポーツセンター(22号館)ミーティングルーム
CEU: NATAのNon-Provider CEUとして申請出来ます。
*当日は、短パン、タンクトップ、タオル、ヨガマット(下に敷くため)をご持参ください。

参加費/無料

定員/30名(ATC、日体協AT、鍼灸・柔整などが望ましい。トレーナーの勉強をする学生も可)
    定員になり次第、応募を締め切らせていただきます。

申し込み方法/①氏名、②住所、③電話番号、④メールアドレス、⑤資格をご明記の上、下記E-mailまで申し込む

問い合わせ/E-mail:qdyqg077@yahoo.co.jp
         担当:大橋
スポンサーサイト