FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第7回乳酸研究会

日 時 : 平成23年2月5日(土)、13時30分より

場 所 : 東京大学教養学部18号館ホール(井の頭線駒場東大前下車 時計台後ろの大きな建物1階)

協 賛 : ピューラック・ジャパン株式会社 
       アークレイ株式会社

参加費 : 無料

内 容
・筋肉における乳酸トランスポーターと乳酸の代謝
吉田祐子(ゲルフ大学)

・尿中乳酸測定の試み~運動現場での活用を目指して~
山形高司(浦和大学総合福祉学部)

・メタボリックシンドローム減量時の体組成、代謝機能評価
木村穣(関西医科大学健康科学科)

・競泳トレーニングにおける乳酸のとらえ方
岩原文彦(国立スポーツ科学センター)

・血中乳酸濃度の応用—実験室と競技現場の共通点相違点
八田秀雄(東京大学大学院総合文化研究科)

○懇親会 17時30分より 生協3F駒場交流ラウンジ (参加費1000円)
○事前申し込み メールでsport@arkray.co.jpまで
(当日参加可能ですが事前にお申し込みいただくと受付を早く通れます)

問い合わせ/八田秀雄 東京大学大学院総合文化研究科
ファックス 03-5454-4317
電話    03-5454-6862
メール hatta@idaten.c.u-tokyo.ac.jp
スポンサーサイト



編集部は12月29日までやっています。12月30日~1月3日はお休み。新年1月4日から通常どおりです。

したがって、このブログも12月30日から3日まではお休みします。

今は、「10年パック」の制作中。やはり10年の期間には、取材のまとめ方に変化がみられますね。また、特集テーマのそのときの重要課題を反映していて、高齢者や内科のものも以前はかなりありました。

でも、100のテーマが並ぶとけっこう圧巻です。なかなか読み応えがありますが、全部を通して読む人はいないでしょうね。だから、テーマや人名などで選択可能なように目次を考えています。

今、やっと1/3くらいに目を通しました(それで約600ページ)。写真をみるたびに、当時を思い出します。引越しや大掃除のときに発見した新聞や本や雑誌をつい読んでしまう感覚を思い出しました(笑)。

「やっぱり、10年は長い!」というのが今の感想です。

まだまだ終わりませんが、頑張りましょう。(清家輝文)