FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今日で年内は終わりというところが多いでしょうか。スポーツ関係はこれから佳境という競技も多く、それが終わってからやっと本当のお正月という人も多いでしょうね。

今は花園で高校ラグビーが始まったばかりだし、お正月の箱根駅伝もあるし、サッカーもあるし、アメリカンフットボールもあるし、観るべきものが盛りだくさん。スタッフや関係者はたいへんです。

本誌編集部は、この期間は観戦中心です。1月は休刊月ということもありますが、逆に年末年始の5日間だけが何もしないで休んでいられる時期。1月4日からはすぐに仕事が始まります。

5日間の休日もあっという間に過ぎていきますが、大晦日、お正月と年が改まると、やはり気持ちも新たになります。2月10日には「10年パック」を出さなければいけないし、1月中に仕上げなければいけない別の仕事もあるし、1月はバタバタになるでしょう。

明日は年賀状を作成します。これからその文面を考えるところです。

この公式ブログも今年は明日までとさせていただきます。では、また明日。(清家輝文)
スポンサーサイト