FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日で年内は終わりというところが多いでしょうか。スポーツ関係はこれから佳境という競技も多く、それが終わってからやっと本当のお正月という人も多いでしょうね。

今は花園で高校ラグビーが始まったばかりだし、お正月の箱根駅伝もあるし、サッカーもあるし、アメリカンフットボールもあるし、観るべきものが盛りだくさん。スタッフや関係者はたいへんです。

本誌編集部は、この期間は観戦中心です。1月は休刊月ということもありますが、逆に年末年始の5日間だけが何もしないで休んでいられる時期。1月4日からはすぐに仕事が始まります。

5日間の休日もあっという間に過ぎていきますが、大晦日、お正月と年が改まると、やはり気持ちも新たになります。2月10日には「10年パック」を出さなければいけないし、1月中に仕上げなければいけない別の仕事もあるし、1月はバタバタになるでしょう。

明日は年賀状を作成します。これからその文面を考えるところです。

この公式ブログも今年は明日までとさせていただきます。では、また明日。(清家輝文)
スポンサーサイト