FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

第2回日本ダンス医科学研究会
2nd Annual meeting of Japanese Association for
Dance Medicine and Science (JADMS)

開催日時/2011年2月19日(土)13:30~17:30(受付開始13 時)

開催場所/お茶の水女子大学共通講義棟2号館201室
<会場アクセス>
地下鉄丸の内線茗荷谷駅下車徒歩8分あるいはJR 山手線大塚駅下車南口バス停より「錦糸町駅」行きで「大塚二
丁目駅」下車徒歩30 秒。なお当日は南門は閉門していますので正門より入構下さい。入構の際には身分証明書の提示が必要です。

参加費/非学生5000 円、学生2000 円(学生証をご持参ください)

プログラム
13:30-14:30 教育講演 「スムーズに動くためのコンディショニング」
福井勉(文京学院大学保健医療技術学部教授)

14:30-15:30 展示&若手研究者のポスターによる研究紹介コーナー
“Bridge the gap in dance medicine & science”

15:30-16:30 シンポジウム「ダンサーの怪我とその予防~さまざまな立場から~」
瀬尾理利子「整形外科医として」(横浜市立スポーツ科学センター)
水村真由美「体力科学研究者として」(お茶の水女子大学)
小曽根史代「NPO 法人として」(芸術家のくすり箱)
猪崎弥生「舞踊指導者として」(お茶の水女子大学)

16:30-16:50 パネルディスカッション (登壇者全員)
「日本におけるダンス医科学のこれから」

17:00-18:30 情報交換会

<若手研究者による研究紹介コーナーでの発表を希望される場合には>
メール(jadms_info@dancesci.com)にて、氏名、年齢、所属、学年、研究タイトル、研究要旨(300 字程度)を1月21日(金)17時までに御連絡下さい。研究紹介はポスターで行ないます。発表資格は以下の通りです。
①40歳未満の研究者(いずれかの学会での研究発表の経験を有する方)
②大学院博士前期(修士)課程在籍以上の大学院生(年齢不問、ただし指導教員との共著でお願いします)詳細は、事務局までのお問い合わせ下さい。

<研究会参加希望の場合には>
資料作成などの都合により、2011@jadms.org までメールにて、お名前、ご所属、ご職業をご連絡ください。
スポンサーサイト



スタッフ募集―― ㈱BIGBEAR

弊社ではストレングス・スタッフを募集しています。
年齢は問いませんがスポーツ現場で積極的に活動できる方を望みます。
明るく、向上心のある方お待ちしています。

■募集要項(ストレングス・フィジカルトレーニングに興味のある方)
▽応募資格/年齢・経験不問、継続的な研修のできる方
▽業務内容/トレーナー業務全般
▽勤務地/東京都八王子(※場合により契約チームへ)
▽勤務時間/要相談

■応募方法
電話もしくはMailにて連絡の上、履歴書をご送付ください。
面談日を追って連絡致します。

■応募・問い合わせ先
㈱BIGBEAR 
担当:田牧、田口
〒192-0081東京都八王子市横山町22-1FTビル7F
TEL:042-643-1125
E-mail:bigbear@coral.ocn.ne.jp