FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


ポラール トレイルランニング アカデミー 参加者募集

 フィンランドのスポーツ機器ブランドであるポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区幡ヶ谷/代表取締役社長:ジョニー・ワシントン)は、心拍トレーニングの理論を取り入れたトレイルランニング講習会「ポラール トレイルランニング アカデミー」を、2月19日(土)にトレイルランナーに人気の神奈川県逗子・鎌倉エリアにて実施します。

 今回は、トレイルランニングの第一人者である鏑木毅氏を講師に迎え、講義と実践の両面から指導いただきます。


【募集概要】

日時/2月19日(土) 09:30~14:00 (09:15受付開始)

場所/講義: 逗子市商工会館 (神奈川県逗子市)
     実技: 鎌倉・逗子エリア

対象/ある程度のランニング経験があり、心拍トレーニングに興味、関心のある方。心拍計の使用経験は問いません。

講師/鏑木 毅氏(プロトレイルランナー)
1968年群馬県生まれ。
トレイルランニングの国内第一人者であり、現在もプロのトレイルランナーとして第一線で活躍。富士登山競走や日本山岳耐久レースをはじめ、数々の競技大会で優勝記録をもつ。2005年には国内3大レース (日本山岳耐久レース、富士登山競走、北丹沢12時間山岳耐久レース)を同一年に全て制覇する「トリプルクラウン」を達成。
2009年には、世界最高峰のトレイルランニングレース「ツール・ド・モンブラン」3位入賞。2011年も出場予定。THE NORTH FACE所属。

内容 /
<講義>心拍計を使ったトレイルランニングのトレーニングに関する基礎知識
<実技>最大心拍数測定テスト、トレイルランニングの基礎技術とトレーニング方法
※心拍計は当日貸出します。
※トレイルランシューズの使用を推奨します。

定員/ 30名(先着順)

参加費/2500円(税込み/事前振込み)

申し込み方法 : ポラールの公式ホームページよりお申し込みください。
※申し込みページURLはココ

問い合わせ/ ポラール・エレクトロ・ジャパン
E-mail:info.jp@polar.fi
スポンサーサイト