FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

2011コアパフォーマンス・トレーニングイントロダクションセミナー

コアトレーニングの新しい切り口が理解できるイントロダクションセミナーです。
身体の核心としての「コア」に、動きの核心という「機能性(ファンクショナル)」を含めた「コア」、これが「コアパフォーマンス・トレーニング」です。
動きの中でいかに「コアで支え、コアを生み出し、コアから伝えるか」をお伝えします。
今回は、パフォーマンススペシャリストの吉田輝幸氏の特別講義もあります。

日時/3月6日(日) 11:30~15:30

場所/東京都港区(お申し込み頂いた際に会場の詳細をお伝えします)

講師/吉田輝幸(パフォーマンススペシャリスト、株式会社PCP代表)
     田口昌宏(株式会社スポーツプログラムス チーフコンディショニングコーチ)

受講料/3,000円

定員/80名(先着順)

申し込み方法/必ず、本セミナーホームページよりお申し込み下さい。

問い合わせ/コアパフォーマンス・トレーニングセミナー
担当:小池
E-mail:h.koike@sports-pro.jp
スポンサーサイト