FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

昨日は、田口も私も葛飾区総合スポーツセンターで開催されていた東京都の車椅子バスケの試合を取材していたので、エントリーなしでした。

決勝まで見たのですが(コートサイドで撮影も兼ねて)、No Excuseというチームが東京ファイターズを逆転、62-53で優勝しました。

一進一退の好ゲーム。やっぱりスポーツは生でみるに限ります。ああいう試合を見ていると、どこか「血が騒ぐ」のを感じます。

スポーツを見に行くというの、いいですね。応援しているチームや選手がいると、熱が入ります。この車椅子バスケ、129号くらいから記事を載せます。ある選手をフューチャーします。(清家輝文)
スポンサーサイト