FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

■臨床理学療法研究会 設立15周年記念講演会

日 時:2011年4月24日(日) 開場9時30分 開演10時
会 場:メルパルク京都 6階会議室 京都市下京区東洞院通下ル東塩小路町676-13
主 催:臨床理学療法研究会
テーマ:Physical Therapy with Logical Method
サブテーマ:筋機能から捉える肩関節
内 容:特別講演1 10時10分~12時00分 
佐藤達夫先生(東京有明医療大学 学長)
「肩関節周囲の筋配列を神経支配から考える」

特別講演2 13時00分~14時20分
藤田聡先生(立命館大学 スポーツ健康科学部)
「効果的な筋肥大を目的としたトレーニングと栄養摂取の役割」

特別講演3 14時30分~15時50分
村木孝行先生(東北大学病院 リハビリテーション部)
「バイオメカニクスの視点に立った肩関節障害に対する評価と治療」

◎申込方法:E-mailにて以下の項目を記入の上、15周年事務局までお申し込みください。
1.氏名 2.ふりがな 3.職種 .所属施設 5.メールアドレス 6.会員or当日入会希望or非会員or学生
15周年事務局:E-mail:scpt-15@y2.dion.ne.jp
パソコンよりお申し込みください。
一週間以内に返信致しますので返信が無い場合はご連絡ください。
臨床理学療法研究会ホームページ
スポンサーサイト