FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

文部科学省「大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型)」
「産学官連携プロジェクト・健康医科学研究」

2011年公開シンポジウム「心と体のバランスを診る」

日時/2011年3月1日(火) 13:30~受付、14:00~18:30

会場/霞が関ビル35階 東海大学校友会館「朝日の間」

主催/学校法人東海大学、健康医科学産業推進協議会

内容/「人と農業を健康にする野菜流通をめざして」
         大谷浩司(㈱野菜ビジネス事業統括アドバイザー)

  「人口減少時代における元気の出る健康概念『未病』とは(非健康、非病気の世界に生きる)」
         福生吉裕(財団法人博慈会 老人病研究所所長)

   「ストレスマネジメント うつを生き延びる」
         市村 篤(東海大学医学部精神科講師)
   
   「バランスは心と体が教えてくれる」
         小関 勲(小関アスリートバランス研究所代表)

   「健康に関する世界および日本の動向と今日的課題について(仮題)」
         宮田 満(日経BP社医療局 主任編集委員)


問い合わせ/東海大学医学研究科 ライフケアセンター
      担当:オログチ
      TEL:0463-93-1121(内線3769)
スポンサーサイト