FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

第3回投球障害セミナー

 大好評をいただいております、投球障害セミナーの第3回目を行います。今回も、医師、理学療法士の立場から病態、機能解剖、評価の講演をお願いしております。

 また、他のセミナーにはない実践指導を、日米のプロ野球でトレーナーを経験され、投球障害のスペシャリストとしてメディカルからアスレチックリハビリテーション、コンディショニング、ストレングスまで総合的なアプローチでアスリートをサポートする高島誠氏に、ご指導いただきます。

さらに新企画として、投球動作解析の第一人者、同志社大学准教授の中村康雄先生をお招きし、投球動作の見方を講演いただきます。ぜひご参加下さい。

日時/3月27日 午前9時30分~午後5時(受付 午前9時15分)

場所/京都医健専門学校(京都市中京区三条通室町西入衣棚町51‐2)
         *会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

主催/京都運動器障害予防研究会(事務局:たちいり整形外科 伊藤盛春)

内容/「 投球障害肩・肘の病態――病態、機能解剖、肩関節評価の実技、投球動作について」
       京都府立医科大学大学院 整形外科 講師 森原 徹 先生(Dr)
   
    「 投球動作解析の実際
       ――バイオメカニクスの基礎と三次元動作解析装置を用いた投球動作解析」
       同志社大学スポーツ健康科学部 准教授 中村康雄 先生
    
     「 投球障害の評価と考え方――評価の流れ、評価の実際(講演・実技)」
       京都府立医科大学附属病院 リハビリテーション部 松井知之 先生(PT)
    
     「 投球障害のアプローチの実際――アプローチの実際と治療の進め方(講演・実技)」
        Mac s Trainer Room 代表 高島 誠 先生

*セミナーの詳細はHP でご覧いただけます。最新情報を順次アップいたしますのでご確認下さい。

参加費/15,000円

申し込み期限/2月25日です。応募者多数の場合は抽選になる場合があります。

申し込み・お問い合わせ/第3回投球障害セミナー
E-mail:spold.h22@gmail.comまでお願いいたします。
スポンサーサイト



Team-T Presents レクチャーアバウト スポーツメディスン

スポーツ現場・医療現場でプレーヤー・患者さまに対して熱い思いをお持ちの方にお集まり頂いて、永年スポーツ現場で培ったノウハウを弊社CEO今柳田剛生が分かりやすくお届けするセミナーです。
 より理解を深めて頂くために、骨学をもう一度押さえておいて下さい。

日時/3月29日(火) 21時30分開始 

会場/よしとみ鍼灸整骨院(大阪市生野区勝山北5-21-13)

テーマ/整骨院でできるリハビリ~変形性膝関節症~

講師/今柳田 剛生(Sports Medicine Team-Takao ㈱CEO,アサヒ飲料クラブチャレンジャーズSupervisor,大阪教育大学非常勤講師)

対象/柔道整復師、鍼灸師、PT、スポーツトレーナー及び目指されている方

条件/スポーツ現場・医療現場でプレーヤー・患者さまに対して熱い思いをお持ちの方

受講料/¥2,000(税込) 
  
*お申し込みおよび詳細は弊社HP をご覧下さい。

問い合わせ/Sports Medicine Team-Takao株式会社
TEL:06-6904-0052
E-mail:info52@team-t.jp