FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

本誌第129号も編集真っ只中です。

さて、今月の『スポーツと法』は、
「クラッシクバレエにおけるヘルスケアの法的諸問題」について
西浦善彦弁護士(スポーツ法政策研究会、永井・佐藤・西浦法律事務所)に、ご執筆いただきました。

クラッシクバレエ界の仕組みから、契約の問題など興味深い内容となっています。

また、朝日山一男先生(神奈川衛生学園専門学校)の
『経絡ストレッチ』の連載では
今回、“便秘への対処法”を取り上げています。

是非、ご期待下さい。

編集部 田口
スポンサーサイト