FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

すごい地震でした。
30年以上東京で仕事をしていますが、最大の地震でした。

当編集部は3階だての最上階で、木造のため大揺れ。
危険を感じて1階に避難しました。

揺れが治まり3階に戻ると、デスクの上から物がたくさん落ち、床に散乱。
パソコンの本体も落下していました。

さっき、新幹線で相生から東京に戻ったばかり。
もう少し遅ければ、今は新幹線の中に閉じ込められていました。
今日の新幹線はとても混んでいたので、今後が心配です。

東北はもっとたいへん。
NZでおきたばかりなので心配していましたが、現実になりました。

いつ何が起こるかわかりません。でも、冷静さを失わないようにしましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト



運動指導を始める方へ
『チェアエクササイズ初級指導者講習会~サーキットチェア~』

椅子に座ったままできる介護予防・健康づくりのための総合的エクササイズ『チェアエクササイズ』を、運動指導の経験がない医療・福祉・介護分野の方をはじめとする、これから運動指導を始めようという方への講習です。

本講習は、当協会監修の振り付けと音楽がセットになった映像・音楽教材があり、その教材で指導法を学習し経験を積んでいくプログラムです。対象者が高齢者や低体力者であることが多い現場で、安全に楽しく効果的な運動を導入したい、という方のために、基礎から指導法を丁寧に講習します。また、講習後も定期的に新たしい教材で勉強できます。受験資格もなく、どなたでも参加可能です。

●日時&会場
平成23年4月24日(日)11:30~15:30 クローバープラザ(福岡県春日市)
平成23年5月8日(日)11:30~15:30 ウィルあいち(愛知県名古屋市)
平成23年5月15日(日)11:30~15:30 1億人元気運動協会西宮事務所(兵庫県西宮市)

●参加費:19,000円(教材費を含む)
●定員:20名

◎上記全講習の問合せ先
NPO法人1億人元気運動協会0798-36-3729 または 090-1136-1108