FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

みなさん、地震は大丈夫ですか?

私の友人も宮城県で被災し、昨晩、無事が確認できました。
また、親類も、茨城県鉾田市の海沿いに住んでいるので
連絡が取れず心配しておりましたが、こちらもなんとか無事が確認でき、
少しホッとしております。

地震当日は、中野から自宅のある江戸川区まで、歩きと半蔵門線と自転車を乗り継いで
4時間くらいかけて帰宅しました。
我が家は9階なので、エレベーターも止まり、昨日の午前中まで階段で昇り降りとなり
日頃の運動不足がこたえています。

電車も止まっているようなので、今日は自宅で仕事をします。
今、できることは節電。
とにかく、まだ余震も続くようです。
みなさんも、十分にお気をつけてください。

被災地のみなさんのご無事と1日も早い復興をお祈りしております。

編集部 田口
スポンサーサイト