FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

株式会社サンリより、下記の震災チャリティーイベントのお知らせが届きましたので、ご紹介します。


静岡 「今私たちにできる事」

■日時:3月28日(月) 15:30開場 17:00~21:00

■会場:エコパアリーナ(小笠山総合運動公園) 3200名
      最寄駅 愛野駅徒歩15分

■出演者:西田文郎、大嶋啓介、てんつくマン、中村文昭

■内容:震災チャリティーイベント

■入場料:無料 当日寄付金をお願いします。

■主催:岡村浪漫 054-646-1419(お問合わせ先)
スポンサーサイト



地震の影響で129号の入稿が遅れていますが、本日入稿の予定です。

129号の特集は「肩甲骨」をテーマに、藤が丘リハビリテーション病院の千葉慎一先生に「肩甲胸郭関節に着目した肩関節の評価」について、また信原病院・バイオメカニクス研究所の田中洋先生に「肩の動きと機能に対するバイオメカニクスからのアプローチ」について、豊富な資料とともに語っていただきます。

詳細は追ってお知らせします。

発売が少し遅れますこと、お詫びし、お待ちいただきますようお願い申し上げます。(清家輝文)