FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

原発事故の処理が長引き、復興の妨げになっているが、それでも徐々に復興の兆しが少しずつはみられるようになってきた。これで原発事故がなければ、もっと早かっただろうし、福島の人も避難を強いられる人は少なかったと思うとやりきれません。

いろいろな意味で、復興やシステムの取替えが必要になってくるようです。そういう思いもあり、次号、130号ではリコンディショニングを特集のテーマにすることにしました。

もちろん、身体的リコンディショニングがテーマになりますが、立て直すという意味で、がんばっていいものにしようと思っています。よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト