FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

130号、もう少しで入稿です。無事今回もなんとか間に合いました。

特集は「リコンディショニング―「立て直し」へのアプローチ、4つの立場から」と題し、以下の5つの記事で構成しました。

1 はじめに
2 「スポーツ選手限定」のトレーニングとケアの専門施設 大隈重信・BIGBEAR
3 鍼灸・マッサージの治療院とコンディショニング施設の連携 増田雄一・リニアート
4 リコンディショニング施設を展開して 吉村直心・ReCo
5 コンディショニングとリコンディショニング 山際哲夫・やまぎわ整形外科

アスレティックトレーナー、鍼灸・マッサージ師、理学療法士、医師、この4つの立場からのリコンディショニングへの取り組みについて詳細に紹介します。

東日本大震災後、心身はもとより国としての立て直しが必要になりました。でも、まず心身から。その意味で、阪神・淡路大震災後、1999年にNO.24で「リコンディショニング」の特集を組み、今回再度同じテーマで考えてみました。参考にしていただけるところがたくさんあると思います。

今月26日発売予定です。よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



■筋膜リリースのハンズ・オン・テクニックセミナー

徒手技術の研鑽を目的に実技を中心に毎月1回定期的に開催しています。また、少人数制により充実した学びの環境を提供し、2人に1台の治療台で骨格模型を用いて基礎から応用まで幅広く勉強しています。触診、徒手技術タッチの感覚を磨き、様々な技術を身につけていただける。内容は毎回異なり、自由に参加していただけます。受講者が触診、モビライゼーション、オステオパシーなど様々な方法を確実に身に着けていただけるよう、ゆっくり丁寧に進めています。

【日 時】 5月21日(土) 15:00~21:00
【テーマ】 身体構造を調整するための筋膜リリース~脊柱編~
【場 所】 小町整骨院 (倉敷市児島駅前1丁目102)
【定 員】 12 名
【参加費】 6000 円
【講 師】 森近貴幸(理学療法士)
【申し込み・問い合わせ】 morichikatakayuki@yahoo.co.jp (担当:森近)
【主 催】 フィジオスタイル 
【後 援】 小町整骨院