FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

リコンディショニングの特集を終えて思ったのだが、自分のからだをまず自分でどうにかしようと思えるかどうか。思えない人には、どのようにして思うようにするか。そこから始めないと、誰かがなんとかしてくれると思っている限りはどうにもならないだろう。

しかし、よく考えてみると、これは自分のからだ以外にも言えることで、例えば学校や会社、あるいは町などのコミュニティ、ひいては国に至るまで、同じことが言えそうである。「誰かがなんとかしてくれる」と思っている限り、どうにもならない。

どうもリコンディショニングというのは、そこまで考えさせるテーマであるようだ。今回の特集では4氏にうかがったが、医療制度の問題はやはり出てくる。しかし、医療制度は簡単に変るものではない。であれば、もっと身近なところから、一歩踏み出して、「変えていく」しかないのだろう。

今回、登場していただいた各先生の考えや実践、またその言葉は大いに参考になります。(清家輝文)
スポンサーサイト