FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

リコンディショニングの特集を終えて思ったのだが、自分のからだをまず自分でどうにかしようと思えるかどうか。思えない人には、どのようにして思うようにするか。そこから始めないと、誰かがなんとかしてくれると思っている限りはどうにもならないだろう。

しかし、よく考えてみると、これは自分のからだ以外にも言えることで、例えば学校や会社、あるいは町などのコミュニティ、ひいては国に至るまで、同じことが言えそうである。「誰かがなんとかしてくれる」と思っている限り、どうにもならない。

どうもリコンディショニングというのは、そこまで考えさせるテーマであるようだ。今回の特集では4氏にうかがったが、医療制度の問題はやはり出てくる。しかし、医療制度は簡単に変るものではない。であれば、もっと身近なところから、一歩踏み出して、「変えていく」しかないのだろう。

今回、登場していただいた各先生の考えや実践、またその言葉は大いに参考になります。(清家輝文)
スポンサーサイト