FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


いろいろあってご無沙汰しておりました。

ご無沙汰している間に横浜はすっかり春爛漫となりました。
目にも鮮やかな若葉がふさふさと風に揺れ、ツツジが咲き始めました。
私は濃い紫色のツツジが好きです。

先週は横浜公園でチューリップ祭りが開かれていました。
それこそ色とりどり。形も色も大きさも様々。昔、子供の頃にクレヨンで描いたような赤白黄色のシンプルチューリップを探すのが難しいほど。
津田写真色とりどり

津田写真黄色と白

たくさんの人が写真を撮っていました。
携帯で気軽に撮っている人もいれば、本格的にカメラを構えている人もいて、その姿も様々。
ところで、「デジイチ」って何かしらと思っていたら、デジタル一眼レフの略なんだとか。
なるほどね。

私もデジカメを買ったのですが、持ち歩かないせいか出番が少ない…
もっぱら携帯です。

さて、陸上界は東日本大震災の影響により中止になった大会もありますが、いよいよ春季サーキットが始まりました。

今年は神戸でアジア選手権があるし、韓国で世界陸上も開催されます。マラソンはすでに代表選手が決定していますが、他の種目はこれからが勝負。

毎週のように行われる大会をチェックして誰が世界陸上の出場権を獲得するのか!を予想するのも楽しみの一つです。

津田清美(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

スポンサーサイト