FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今、「もも家」のフードレシピの原稿が届きました。今日は土曜日なので、来週月曜にアップの予定です。(清家輝文)
スポンサーサイト



昨日、祐天寺にある曽我武史トレーナーの治療院で、次号131号の特集「腰痛とストレッチング」をテーマに取材してきました。

腰痛患者さんへの対応を聞いていたのですが、ストレッチングも用いるものの、どちらかというと動きの改善がメインで、筋の張りの感覚など、動きを改善していくうえでの患者さんの感覚をどう伝えるかが興味深いところでした。

鍼も用いるけれど、自分はアスリートをみてきたので、一般の人でも、脈がどうこうというより、姿勢や動き、筋の状態などから判断してアプローチしていくことのほうが多いとのことで、なるほどなと思いました。

こういうアプローチも130号でやった「リコンディショング」だなあと思ったしだいです。(清家輝文)