FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■~理学療法士が教える~運動指導に役立つ姿勢評価

高齢者の運動器機能向上が不可欠な現代で、運動を指導するだけでは日常生活動作の改善は難しいでしょう。
姿勢や日常生活動作の見直しが基本となり、運動を習慣化することでねらう機能の向上が期待できます。
本講座では高齢者や低体力者の運動指導現場での姿勢のみかた、評価についてを学びます。
良い姿勢・悪い姿勢の評価、身体に加わる力学的負荷の種類、座位と立位における姿勢評価、悪い姿勢の改善方法と内容は盛りだくさん。運動指導現場で役立つ、簡便な姿勢評価方法を実践形式でご紹介します。

開催日時:2011年5月29日(日) 14:00~16:00(受付13:30~)
会場:なみはやドーム 多目的ホール (大阪府門真市)
参加費:一般4,800円 当会会員3,700円
教育単位:健康運動指導士・健康運動実践指導者・・・実習1.0単位、実習1.0単位
       高齢者体力つくり支援士・・・1.4単位
       日本フィットネス協会・・・1.0単位
お申込み・お問合せ:NPO法人1億人元気運動協会
            電話0798-36-3729または090-1136-1108
            FAX0798-36-3929
            ホームページからも申込み可能です。
            
スポンサーサイト