FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


■~理学療法士が教える~運動指導に役立つ姿勢評価

高齢者の運動器機能向上が不可欠な現代で、運動を指導するだけでは日常生活動作の改善は難しいでしょう。
姿勢や日常生活動作の見直しが基本となり、運動を習慣化することでねらう機能の向上が期待できます。
本講座では高齢者や低体力者の運動指導現場での姿勢のみかた、評価についてを学びます。
良い姿勢・悪い姿勢の評価、身体に加わる力学的負荷の種類、座位と立位における姿勢評価、悪い姿勢の改善方法と内容は盛りだくさん。運動指導現場で役立つ、簡便な姿勢評価方法を実践形式でご紹介します。

開催日時:2011年5月29日(日) 14:00~16:00(受付13:30~)
会場:なみはやドーム 多目的ホール (大阪府門真市)
参加費:一般4,800円 当会会員3,700円
教育単位:健康運動指導士・健康運動実践指導者・・・実習1.0単位、実習1.0単位
       高齢者体力つくり支援士・・・1.4単位
       日本フィットネス協会・・・1.0単位
お申込み・お問合せ:NPO法人1億人元気運動協会
            電話0798-36-3729または090-1136-1108
            FAX0798-36-3929
            ホームページからも申込み可能です。
            
スポンサーサイト