FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

■筋膜リリースセミナー (Integrative Fascial Approach Labo)

講師  宮尾昌明  
米国ロルフ研究所公認アドバンスロルファー
米国ロルフ研究所公認ロルフムーブメント・プラクティショナー
国際身体統合協会認定プラクティショナー

本セミナーは、筋膜リリースを中心に、基礎となる、「ボディーメカニックス」や、「ツール」と呼ばれる身体の部位の使い方、ワーク中のマインドセットなどについて参加者に体験していただきます。また、身体の中で「表層(スリーブ)」と呼ばれる身体各部位へのワークを中心に実技を、感覚的に「筋膜のとらえ」を、からだやイメージで体験していただきます。筋膜リリースにあたって最も重要となってくる『タッチ』の感覚や、施術時の自身の身体の使い方、施術時のマインドセット等を参加者に体験して頂きます。身体の中での『筋膜の役割』や、筋膜リリースによる効果などを紹介しながら、筋膜リリースのデモンストレーションも行う予定です。筋膜リリースは直接肌に働きかけますので、セミナー参加時には出来る限り肌が露出しているウェアを用意して下さい。

●5月28日 イントロダクション セミナー   
受講料 \8000  PM 4:00~7:00

●5月29日 ベイシック  セミナー       
受講料 \18000    PM 3:00~9:00

セミナー開催場所::東海医療科学専門学校 3階 柔整実習室(3階にエレベーターで上がり突きあたりの教室)
〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南2-7-2
会場までのアクセスマップ                                     

◎セミナー申し込み先 :若田接骨院内 IFA labo 事務局  
TEL・FAX(052)624-2263 ifalabo@live.jp

★東海医療科学専門学校と本セミナーは関係がありませんので学校への問い合わせはおやめ下さい。


スポンサーサイト