FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


京都プチプチセミナー
~ 当協会資格継続単位:1.5 単位

★テーマ:運動を続けていただくためのお手伝い!

「運動を続けたい!!!」そう思いながらも、継続することは難しいです。京都プチプチセミナーでは、一般の参加者の方を中心に、運動の裾野を広げ、多くの方々の健康・維持増進を目指し、最も身近にできる運動「歩く」をテーマに、定期的にセミナーを開催することで、皆様に運動へのモチベーションをもち続けていただこうと考えております。
なお、春にはバランスボールを使い、歩くための筋力・バランス力を養うエクササイズ、秋には京都名所ウォーキングを行い、継続するための仲間作りのお手伝いを致します。

日程:平成23年5月22日(日)

会場:京都五条ひとまち交流館

時間:10:00~11:30 (1.5 時間)

受講料:会員 1,800 円、一般2,300 円(税込・ボールレンタル料込み)
     ※当日徴収いたします(税込・保険料込)

藤沢スモールセミナー
~ 当協会資格継続単位:4 単位

★ テーマ:介護をしている方への支援を健康づくりフィットネスで考える

1.介護をしている方を支援するための教室 (9:30~12:00) *実技が中心です
講師:石井千恵(当協会副理事長・健康運動指導士)
「介護をしている方への支援」を、健康づくりエクササイズで行うためのノウハウを学
ぶセミナーです。内容は、山形セミナーと同様です。

2.介護をしている方を支援するためのメンタルヘルス入門(13:00~14:30) *座学
講師:石井千恵(当協会副理事長・臨床心理士)
介護をしている方へのメンタルヘルス・心への支援を学びます。内容は、心の健康づく
りからうつと認知症、そしてライフサイクルまで、フィットネスのセミナーでは学ぶチャ
ンスの少ない専門的なことを学びます。

日程:平成23年6月26日(日)

会場: 鵠生園

時間:9:30~14:30(4 時間)

会員4,000 円、一般5.000 円(税込)

上記セミナーの問い合わせ先
NPO法人健康医科学協会事務局
〒251-0013 藤沢市小塚374
tel 0466-50-4575
fax 0466-50-0080
mail : aaw15330@hkg.odn.ne.jp



以下は、秋から冬にかけてのセミナー開催予定です。内容・開催時間・単位・会費などの詳細については次回会報誌、またはホームページに掲載します。

■藤沢スモールセミナー
平成23年10月23日(日)
会場: 鵠生園

■ 京都スモールセミナー(予定)
日程:平成23年9月11日(日)
会場:京都五条ひとまち交流館
内容:介護支援のための運動セミナー

■京都プチプチセミナー(予定)
日程:平成23年11月20日(日)
会場:京都五条ひとまち交流館
内容:ウォーキング

■ 長崎スモールセミナー(予定)
日程:9 月23 日(休日)
会場:長崎県立大学 シーボルト校
内容:未定
スポンサーサイト



JOCの被災地に対する医療支援の記事をまとめました。次号131号のカラーページに掲載の予定です。

スポーツの力、スポーツ医学の力を改めて知ることができます。日本選手団本部医療班として、医療施設を限られたスペースで設置し、運営していくノウハウが被災地でも活用できた。これはたいへん興味深いところ。

また、増田雄一トレーナーもメールで、被災地で行ったことは「まさにリコンディショニングでした」とのこと。
スポーツ医学の貢献範囲は、これからどんどん広がっていくことでしょう。

そして大事なことに、被災地への支援は今後も継続して行われていくべきで、スポーツ界がすでにさまざまなことを実行に移しています。また本誌でも紹介していきましょう。(清家輝文)