FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
AMS.ProおよびAthlete societasからのお知らせ



日本スポーツ栄養研究会第5回学術集会中止のお知らせの御連絡がありましたので、ご案内させていただきます。

日本スポーツ栄養研究会は、7月に岩手県にて第5回学術集会の開催を予定でおり、本公式ブログでもご案内させていただきました。

当初は震災後、今年の盛岡での開催について、盛岡市内及び会場(アイーナ)に被害が少ない状況から、開催の最終判断を行う予定でいたそうですが、余震及び原発の現状や開催を予定している7月の電力消費制限などの問題を考え、盛岡での3日間の開催は難しいのではないかとの意見が出され、中止という判断にいたったとのことです。

なお、来年度の総会・学術集会については、今後、新たに決定され次第、あらためてご案内させていただきます。

(月刊スポーツメディスン編集部)
スポンサーサイト



131号の校了後は、『スポーツコミュニケーション』という単行本の校正。

慶應義塾大学の東海林祐子先生によるもので、約200ページになる見込み。

東海林さんは、高校ハンドボール部のコーチから監督になり、インターハイで優勝している。しかし、その指導者としての道は厳しかった。自分は一生懸命なのだが、それがかえって空回りの結果になり、部員からも不評だった。

そこから気づき、考え、行動していく。その経験をベースに、スポーツにおけるコミュニケーションを方法論としてまとめたのがこの本。実際に使用されているワークシート類も豊富で、指導にも授業にも使える内容。

来週中には印刷所に入れる予定で進行しています。また目次等詳細は、追ってお知らせします。(清家輝文)