FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


131号は、明日発売になります。

ご注文いただいている方々には明日発送いたしますので、よろしくお願いします。

特集タイトルは「腰痛とストレッチング」です。
特集の見本ページ(PDF)は明日、ネット上で閲覧できるようにします。

また、現在編集中の東海林祐子著『スポーツコミュニケーション』は6月発売予定です。

これについても、詳細が決まり次第お知らせします。B5判200ページになる予定です。(清家輝文)
スポンサーサイト



■スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会
平成23年度「講習会Ⅰ」開催要項


テーマ:「スポーツ選手にとって重要な動きづくり~上肢・肩甲帯機能に着目して」
日時:平成23年7月24日(日)9時00分~17時00分
会場: 神戸大学医学部神緑会館
プログラム:
9:00~ 9:30 受付 
9:30~11:00 講演1
       「スポーツ外傷による肩関節の筋・腱・靱帯の機能不全とその治療」(仮題)
        講師:岩崎 安伸 先生(あんしんクリニック)
11:10~12:40 講演2
       「肩関節の機能解剖と筋・腱・靱帯の機能的役割」(仮題)
        講師:立花 孝 先生(信原病院)
13:30~15:00 講演1
       「肘・手関節および手の機能解剖とスポーツ障害」
        講師:藤岡 宏幸 先生(兵庫医療大学)
15:10~16:40 講演2
       「投球動作における上肢帯のバイオメカニクス」
        講師:田中 洋 先生(信原病院バイオメカニクス研究所)
◎申し込み:事前受付
当会ホームページからお申し込み手続きをして下さい。
お問い合せ:神戸大学医学部附属病院 リハビリテーション部  瀧口耕平
      〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-2
      TEL:078-382-6494
      FAX:078-382-6499
      E-mail :t.kohei98@gmail.com
申込締切日:平成23年7月13日(水)まで
当日参加受付も可能ですが、会場準備の都合上、事前申し込みをお願いいたします。
参加費:会員4000円、 一般8000円、 学生5000円