FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

■第3回順天堂整形外科スポーツフォーラム

テーマ:「スポーツ現場と医療の接点を探る」
日 時:平成23年7月24日(日)14:30開場
場 所:国際ファッションセンター 3F KFCホール(400席)
    東京都墨田区横網1-6-1 電話03-5610-5800(代)大江戸線・両国駅A1出口直通

●第1部:シンポジウム「競技復帰の時期をどう見極めるか~ドクターとトレーナーの視点から~」15:00-16:30
座長:山本利春・国際武道大学スポーツトレーナー学科
   斎田良知・順天堂大学整形外科・スポーツ診療科
演者:立石智彦・同愛記念病院整形外科、大宮アルディージャ チームドクター
   山崎哲也・横浜南共済病院整形外科、関東学院大学ラグビー部 チームドクター
   島村芳崇・入船整形外科形成外科クリニック、元ジェフユナイティッド千葉 アスレティックトレーナー
   海老原隆仁・鹿島ディアーズトレーナー

●第2部:教育研修講演「スポーツにおける肩・肘障害の診断と治療」16:40-17:40
座長:川崎隆之・順天堂大学整形外科・スポーツ診療科
演者:菅谷啓之・船橋整形外科病院 スポーツ医学センター 肩関節・肘関節外科

●第3部:特別講演「バレーボールにおける怪我の予防とスポーツ傷害」17:50-18:50
座長:金子和夫・順天堂大学整形外科・スポーツ診療科
演者:蔦宗浩二・順天堂大学スポーツ健康科学部、順天堂大学バレーボール部監督

定員:400名(先着)節電対策への取り組みの一環として、服装はノーネクタイ等の軽装でのご参加をお願いします。
参加資格:医療従事者(医師、理学療法士、トレーナーなど)、学生(医学生、体育系学生、医療専門学校生などスポーツ医療を志している学生)
参加費:1,000円(教育研修講演の単位申請の方は別途1,000円)
問い合わせ先:順天堂大学整形外科学教室
       113-8421東京都文京区本郷2-1-1 電話03-5802-1087(DI)
       seikei@juntendo.ac.jp
       担当:川崎、高澤

共催:順天堂大学整形外科学教室、久光製薬株式会社
スポンサーサイト