FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第19回よこはまスポーツ整形外科フォーラム

日時/6月12日(日)、午前9時30分~午後5時

場所/パシフィコ横浜 (横浜市西区みなとみらい1-1-1 3F(301・302))

※会場内に駐車場は設けておりませんのでお車でお越しの際は、近隣駐車場を御使用ください。なお駐車料金等が発生した場合は各自御負担となりますので予めご了承ください。

内容
一般演題 (討論中心)

パネルディスカッション: 『足部・足関節のスポーツ外傷・障害の診断と治療』
             『アメリカンフットボールにおける安全対策』

ランチョンセミナー: 『サッカー日本代表チームにおけるメディカルサポート―南アフリカワールドカップ大会を中心に―』
清水邦明(聖マリアンナ医科大学) 日整会単位:[2][14]S

特別講演:『高校野球におけるスポーツ傷害予防の実践について―甲子園から全国各地へ―』
田名部和裕((財)日本高等学校野球連盟常任理事)日整会単位:[9][14]S

参加費/ドクター:5,000円、コ・メディカル:3,000円、学生:2,000円(学生証をご提示ください)

参加申込は、当日会場にて行います。
※なお、学術目的以外の方は入場をお断りすることもあります。
 また、学会中の撮影は禁止致します。

その他認定単位: 健康運動指導士・健康運動実践指導者申請単位:1日参加により2.0単位(講義)
専門・認定理学療法士制度 運動器理学療法研究部会:1日参加により5ポイント

問い合わせ/第19回 よこはまスポーツ整形外科フォーラム学会事務局
〒216-8511
神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学 スポーツ医学講座
TEL 044-977-8111
FAX 044-977-9327
E-mail:19yokohama@marianna-u.ac.jp
スポンサーサイト



慶應義塾大学の東海林(とうかいりん)祐子先生の『スポーツコミュニケーション』は、6月9日発売になります。B5判、200ページ、定価2,100円です。
2011527スポコミ表紙

詳細はこのサイトをご覧ください。第1章は全文、PDFで閲覧可能です。

予約でご注文いただけば、6月9日に発送します(郵便振替用紙を同封します。送料は小社負担)。
ご予約・ご注文は下記まで。

電話03-3372-6251
FAX 03-3372-6250
E-mail bhhd@mxd.mesh.ne.jp

よろしくお願いします。(清家輝文)