FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3 震災特別キャンペーン

㈱スポーツスタイル(代表:佐藤信幸、千葉県船橋市)では、持久力や瞬発力などのスポーツ適正を遺伝子レベルで判別できる「スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3」をこの夏、震災特別キャンペーンを展開する。

このテストは、2003年にオーストラリア、スポーツ研究所とシドニー大学、オーストラリア国立大学が、50人のオリンピック選手を含む300人以上のトップアスリートの検査を通して共同開発したものです。

その後、メルボルンの遺伝子検査会社ジェネティック・テクノロジーズ社がテストシステム全体を買い取り、国際特許を取得。

そして、2005年にスポーツスタイルが、日本における総販売代理店契約を締結し、これまでに日本人トップアスリートをはじめ、大学・実業団スポーツチーム、幼小児・小中高生まで、さまざまなスポーツ種目に関わる幅広い層の方の検査を行っています。

さらに2011年1月に新たな遺伝子も加え、「パワー」「持久力」「運動効率」などスポーツに欠かせない適正を判断できる画期的な内容となりました。


大震災でも頑張ろう!! 特別キャンペーン


キャンペーン期間/2011年7月15日~9月15日(2カ月間)

キャンペーン対象/小、中、高、大学、実業団および各種スポーツサークルの団体からの申込み

キャンペーン価格/
・1チーム5人以上9人までのお申込みで、1人税込5,000円(8,500円値引き)
・1チーム10人以上のお申込みで、1人税込4,200円(9,300円値引き)

お申込み方法/チーム代表者よりメールにて受付
下記メールアドレスに、①チーム名、②代表者氏名、③代表者住所、連絡先、④申込人数を記入しメールにてお申込み下さい。代表者は20歳以上に限ります。

問い合わせ・申し込み/
㈱スポーツスタイル  担当:佐藤
電話:047-407-1731
E-mail:info@sportsstyle.co.jp


スポンサーサイト