FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

東京に帰ってきて、133号の特集「関節可動域」の原稿をまとめている最中です。

今回は5人の先生なので、けっこうな量になります。関節可動域と言っても、関節によって、その捉え方に共通のものと、異なるところがあるようです。荷重関節かどうかでも違ってくるし、制限因子の傾向も違うところがあるようです。もちろん、競技によっても。

しかし、ニンゲンの関節はよくできているなと思わせられます。あと数日で一応の原稿はまとめるつもりで進めています。

お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト