FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


NPO法人芸術家のくすり箱主催のDance Wellness Dayセミナーが下記のとおり開催されます。詳細は芸術家のくすり箱のHPを参照してください。(清家輝文)

医療従事者・トレーナー等の方と、ダンサー・ダンス指導者の方、双方を対象としたセミナー「Dance Wellness Day in 京都 2011」を、9月4日(日)に開催します。

会場は、京都市・地下鉄「四条駅」阪急「烏丸駅」より徒歩2分、交通至便の池坊学園です。

スポンサーサイト



133号の特集「関節可動域」は、過去最大のページ数になるかもしれません。30ページくらいになるかも。まだわかりませんが、おひとり6ページで5人の計算だと、30ページになります。

「保存版」を目指して編集中です。ご期待ください。

昨日、『スポーツコミュニケーション』の著者、東海林祐子さんをはじめ、アスリートのためのライフスキルプログラム研究会のメンバーと親睦会をやりました。かなり深い議論ができて充実していました。

その一環として、私の還暦祝いもしていただき、感激。これからも頑張りましょう。(清家輝文)