FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

ツイッターを始めてどれくらいたったか、おかげさまで1600人くらいの方にフォローしていただいています。ホームページ、ブログの次にスポットを浴びているのが、このツイッターやフェイスブックなどSNSと呼ばれているもの。

それぞれ特徴があり、どれが一番とは言えないのですが、ツイッターは反応の速さに驚かされます。「次の特集は、関節可動域にしようかと」とツイートすると、すぐに5人くらいの人から反応がありました。編集者として、そういう反応はとても参考になります。やる気の度合いも違ってくるというものです。

フェイスブックは始めてはみたものの、まだ使い方がよくわからず、もっぱらメール代わりになっています。ツイッターでもダイレクトメッセージという機能があり、メールアドレスを知らなくてもメッセージが送れます。この機能で、ある人とも知り合いになりました。

様々なメディアがあってよく、活用できるものはどんどん使っていこうと思っています。雑誌もメディアですが、ツイッターもメディアだなあと最近はメディアそのものに対する考え方も変ってきました。

弊誌のツイッターについては、左の欄をご覧ください。ツイッターをやっておられる方、ぜひツイッター上でやりとりしましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト