FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「もも家」のフードレシピ、昨夜アップしておきました。涼しそうなイラストですね。なす、なんてことはないのですが、おいしいものです。先日も東京でのんだとき、「みずなす」が話題になりました。関東ではなかなか食べられない。「はも」も出たのですが、種類が違うようで、よく知っている友人が「関東のはもは関西のはもとは違う。その意味では、はもだと思わないほうがよい。これはこれでうまいもの」と説明。なるほどでした。

東京のうどんはしるが真っ黒でびっくりしたと関西から来た人はみなそう言います。私も最初は「何、これ?」と思いましたが、慣れてくると、「これはこれでうまい」と思えるようになります。もちろん、論外のものもありますが。

さて、133号が出たので、今月8月は休刊。134号は9月発売になります。そこまでを現在の社で行い、それ以降は編集を受託して行うことになります。

収入源をどう補うか、今検討中。でも、前向きに考え、みなさんに喜んでいただける仕事を続けたいと考えています。応援、よろしくお願いします。(清家輝文)

スポンサーサイト