FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日は知り合いの編集者をキーに計5人の編集者が集まり、懇親というか、なんでもありのミーティング。私が最年長で、みなさん比較的若い。

同業者というのは同じニオイがするものです。分野が違うと少し違うことがありますが、その違いが刺激になります。

思えば、過去、あまり編集者とはおつきあいがなく、顔見知りは何十人もいますが、じっくり話す機会はそうないものです。しかも同じ分野だと、企画話はちょっとねという感じですからね。

年齢も違い、分野も違うとそのへんは楽です。

10月からは、社も離れるので、こういう機会はむしろ増えるのかもしれません。何か多くの人の役にたち、やっているほうも面白いことをやりたいと考えています。

明日は、立命館大学で「スポーツメディア」に関する実践講座というのを3限通しでやります。

若い人たちが今なにを考えているのか知るよい機会だと思っています。若さは時に鋭さでもあります。むしろ、私が学ぶことのほうが多いと思います。

ということで、何やら忙しいのですが、実は大変でもあります。がんばらないとネ!(清家輝文)
スポンサーサイト